FC2ブログ
趣味や日常についてちょこちょこ語ってます。最近はSoundHorizonにどっぷり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Marchen中毒
2010年12月18日 (土) | 編集 |

ついについにMarchenが我が手元に!! 
ちゃんと発売日に届きましたよw

もう初日から3周は聞いた\(^q^)/

まずなにこれーっ!!て感じですよ! 
初回限定版を買ったんですが、パッケージですらやばかった。
7thだから、CDケースが、なんか折り重なってるのを開いたら七の字になったりその開く順番が曲順だったりね!!
それに毎回サンホラの曲聞くたびに思いますが、今回もほんとすごいですよw

とりあえずクオリティー高い。と思う…。
まぁ私が語ってもいいようなレベルというか語れるようなレベルじゃない(^q^)
まず曲の中にクラシックが混ざってるとかわからんわからんwwww
でもちょこちょこ入ってる今までの曲のフレーズはやっぱなんか嬉しいほこほこした気分になりました (*・ω・*)

「生と死を別つ境界の古井戸」の『キミが、もし冬に逢いたくなったら、私に言ってねぇん♡』とかねww
朝冬フレーズきたあああ!って思いましたし、ぜ、ぜひイヴェールに逢わせてくれ!とww

まぁその他にも「硝子の棺で眠る姫君」と「薔薇の塔で眠る姫君」の王子様の声がめっちゃかっこよかったり!!!
鈴木結女さんの声まじかっこいい!!
どっかで聞いたことあるなーと思ったら、忍空のOPを歌ってた!

他にもREMIさんの訛りにキュンキュンしたり、ともよちゃんの歌のうまさにびっくりしたり!
ほんと凄いの一言しか言いようがなく…。

そしてそして最後の異常なまでの感動!!
一回目聞いたときに思わず「エリザベートおおお!」って叫んでしまいましたw

やーほんと磔刑の聖女と暁光の唄はやばい。
こうやっぱりプロローグマキシをふまえたからこその良さがある。
メルとエリーゼの出会いも、エリーゼの出生も、テレーゼの生き様も。
6月に国王生誕祭休日スペシャル2010を映画館で見たとき、「この狭い鳥籠の中で」で最後にこうすれ違っていったメルヒェンとエリーザべトがいたんですよね…。
それを見ていたからこそ余計に、このMarchenでちゃんとわかりあえた、ちゃんと逢うことができた2人を見て、というか聞いて、涙がでてきたんですよね…。
よかったね、って。

それと、磔刑の~のエリーゼが悲痛だよね…。
あの最後の叫びというか、あの言葉たちがすっごい切ない。
メルのことが好きで好きで、一緒にいたいっていう気持ちがなんとも…。
掲示板等でエリーゼ=テレーゼ じゃないかという考察を見たのですが、賛成ですね…。
なんかそんな気がする。
クラシックのエリーゼのためには、ほんとはテレーゼのためにだった、とかいう説もありますからね…。
関係ありそう…。



っとまぁでも、こうしっかりと考察とかしてないのでなんともいえないですけどねw 
というか私の弱い頭では考察は無理だwww
まぁぼちぼち台詞聞きとりや、できるだけ考察してみたいと思います!


ということでこれからしばらくはMarchenがヘビーローテーションになりそうですww

聞きとり&考察がんばるぞー!
でもドイツ語まじでわからん…誰か教えてー!!w 




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。